サメ肝油の効能って何があるんですか?

サメ肝油の効能って何がある?

 

 

 


サメ肝油の効能って?肝油ドロップなどは昔栄養を補うために子供たちに配られたのを知っていますが、サメ肝油をサプリメントで摂るメリットって?


 

 

鮫肝油はタラ由来の肝油に比べて効果効能が高く、化粧水やサプリメントに多く利用されています。

 

深海のサメからとれるサメ肝油には、良質の不飽和脂肪酸「スクワラン」が豊富に含まれています。
透き通った黄金色のサメ肝油には、驚くほどいろいろな効能があるのです

 

 

サメ肝油を積極的に、正しい分量摂ることで、日々の体作りと健康をサポートしてくれます。
特に生活が不規則だったり、食生活に問題がある若い人〜中高年の健康とお肌が気になる人におススメの健康食品、それがサメ肝油です。

 

 

 

昔の小学校で配られていた肝油ドロップ。
これらは主にタラの肝油でできていたそうです。

 

まだ食料事情がよくなかった時代に、子供たちにビタミンAやビタミンDなどの栄養素を補給させて、夜盲症などの栄養障害の病気を防いだり、骨を丈夫にするカルシウムの吸収を助けて、大切な成長期の手助けをしていました

 

 

このタラの肝油や近海に住むサメから作られた製品と深海サメ肝油はまた別物で、
サプリメントなどの健康食品として摂取するなら、深海に住むサメのサメ肝油が最高だといわれています。

 

 

鮫肝海王

7つの成分で7割以上が健康を実感!

 

 

それはなぜかというと、深海には生き物に必要不可欠であるはずの酸素がほとんど存在しません。
しかし、深海に住んでいるサメの体は、この酸素がほとんど無い状態の過酷な環境でも大昔から生き延びてきています。
深海のサメが効率よく酸素を体にいきわたらせるために必要不可欠な成分、それが深海鮫の肝臓の中にふくまれているスクアレンという成分なのです。

 

 

このスクアレンは、酸素と非常に結び付きやすい性質をもっているため、基礎化粧品などに用いられるときは、ある加工をして酸化しにくいようにします。
その酸化しにくくした成分が、女性なら何度か聞いたことがあるであろうスクワランです。
スクワレンとスクワランの違いはここにあります。

 

 

このスクアレンの力のおかげで、深海鮫は深海の過酷な無酸素状態の中でも体の隅々に酸素をいきわたらせて生きていくことができるのです

 

だから肝油は深海鮫由来のサメ肝油がおすすめだといわれているのです

 

 

サメ肝油に含まれている成分は、老化防止や皮膚のケア、抵抗力や免疫力をつけたりなどの体の防衛力を高め、アンチエイジングや元気な体作りを応援してくれます。

 

・サメ肝油に含まれているビタミンAは、過剰に摂取しすぎると、ビタミンA過剰症になってしまうことがあるので、決められた量以上に飲まないようにすることが大事です。
鮫肝油は健康食品なので副作用はありませんが、
摂りすぎは禁物です。

 

 

・ビタミンA過剰症は、下痢や倦怠感や皮膚障害、吐き気、嘔吐、食欲不振、
めまい、睡眠障害などが起こります

 

 

 

・肝油を絞る魚によって効果・効能・成分はまちまち。
健康食品として肝油をとるなら、深海鮫のサメ肝油をおすすめします。

 

 

スクワランをたっぷり含んだ深海鮫の肝臓ですが、その8割は肝油でできています。
このサメ肝油の中には、スクアレンを中心に、アルコキシグリセロール・体内でつくることのできないEPA・DHAなどの
α-リノレン酸の不飽和脂肪酸・スクアラミンなどの魅力的な成分が豊富に含まれています。

 

 

深海鮫の種類の中から選り抜かれた鮫の肝臓から絞り出したサメ肝油を、日々の生活に取り入れるのが理想です。

 

 

鮫肝油(鮫玉)ランキング

 

 

鮫玉(さめだま)とも呼ばれる魅力的な健康食品・鮫肝油

 

 

ダイエットで痩せた時のお話